■プロフィール

Кыял(Kyal)

Author:Кыял(Kyal)
中央アジアのキルギスにて

青年海外協力隊

村落開発普及員として

活動中です

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
SAORIカタログ
http://kyoko0603.blog.fc2.com/imgs/20140127mRpGZ4Un/

やっとこさSAORIのカタログができました!!

スポンサーサイト
キルギスSAORI | 16:17:36 | トラックバック(0) | コメント(0)
フェスティバル③
キルギスには日本センターがあります。
日本語学習者のほか日本のビジネスを学ぶための施設です。
毎年5月に行われるさつき祭りに、今年も参加しました。

しかし、今回は、タジク出張とかぶってしまったので、村の女性2人に任せることに。
来年は、私もいないことだし、その練習です。



ちなみに前日には、イシククル州タスマ村で活動しているブグエネという団体(ボランティアも活動中)の女性と
共に日本食を食べに行きました。

心配だったけど、みんなで全部きれいに平らげました!!

後日談でも、問題もなくイベント終了とのこと。ほっとしたー。


キルギスSAORI | 03:05:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
フェスティバル②
今年、ビシュケクに「ここ、キルギス?」っていうデパートが完成。
まだ完成していませんが、隣接して億ション的なものもできるようで、
さながら六本木ヒルズと言ったところ。

どうやら、集客が芳しくないらしく、イベントによって集客を増やそうとしているみたいです。

今回はキルギスとウズベキスタンの手工芸の作家さんが集まり、販売会でした。

いろんな作品があって、どれも買いたくなる…(買いたい)

一番気に入ったのは、キルギス在住のイギリス人とロシア人が作っているフェルトのサンダル。かわいい!!


あとフェルトの帽子。安いし、デザインもかわいくて2点購入しました。

最近は、お財布のひもがゆるくて困ります。




イベントが多く、ビシュケク滞在1週間。最後のイベントは、同期の活動先のイベントです。


キルギスSAORI | 02:40:37 | トラックバック(0) | コメント(0)
フェスティバル①
キルギスには短い夏がやってきました。

夏が来ると同時に、人々も動き出すのがこの国キルギス。

農作業の他に家の改装や改築したり、さらに各地ではイベントがいっぱい。

もちろんお祭りごとと聞けば、売りに行きますSAORI!

私の仕事には広報のお仕事も大事な仕事の一つです。


【最近のイベント①】アイルアグロ

ビシュケクにて行われた展示会。各州から特産品等をの展示のほか、農作業機械の展示もありました。

言わば、物産展。SAORIも展示と販売に参加しました。


面白かったのは、各地それぞれのボズウィ(移動式住居)をたてた事

ここぞとばかりにそれぞれ見栄の張りまくりの豪華なボズウィで、

さらに各地特色も違っていて楽しかったです。



とある日。キルギスの首相?がくるとのことで、張り切る人々。

そして、スーツを着た人々。その一人が私に話しかけてきて、

「日本人きたよ、紹介するよ」

と言うので、行ってみたら、微妙に日本人ぽい人発見。

「こんにちは。山田太郎です(仮名、わすれた)」

と流暢なキルギスなまりの日本語をしゃべる。

「違いますね、キルギス人でしょ。」

とズバッというもなかなか折れない彼。

東京の亀有に住んでいるだなんてわかりきった嘘を言っていたのだが、

飽きてきたのか真実を喋り出す。

「日本に昔留学してたんです。政府で働いていて、最近大統領と一緒に日本行ってきたよ。

日本の食べ物おいしいですね。大統領とはお寿司食べに行きました。」

私「へー、やっぱり大統領とお寿司なんて、麻布とかですか?」

「いいえ、ワタミです。あそこはいいアシュカナ(食堂)ですね。」

!!!!





ということで、大統領はワタミに行ったらしい。

テーマ:海外生活 - ジャンル:海外情報

キルギスSAORI | 16:17:44 | トラックバック(0) | コメント(1)
新人織り職人?
5月の初めに新しい織り職人さんが仲間入り。

アルザット(齢10カ月)
新社員2

現在職場がある家のお隣さんの子供です。

ママはお仕事ってことで、親戚である職場の女性が預かりました。

織り機のあるお部屋にちょこんと座って、静かに電卓をいじってました。

その後、泣きだしたので、これまた親戚の別の女性があやしながら仕事。

それ、仕事できんの?と思いつつ撮影。



村の子って、ほんと村の子に育てられるのです。愛想がいい子がほとんど。

もちろん悪いことしたら、誰の子だって叱ります。

「注射しちゃうわよ!」 よく聞く怒られ方。

「おちん○ん切っちゃうよ!」 …よく聞く怒られ方。

男の子はイスラム教の習慣で割礼の儀式がおこなわれるため、結構効く怒り方のようだw

そんな村の子、ほとんど人見知りもしないし、村中元気に走り回っています。

そして時々一緒に遊んで癒されます…。4


フムフム、ここがこうで…の図
新社員




テーマ:海外生活 - ジャンル:海外情報

キルギスSAORI | 16:16:22 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。